スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
麻袋のその後
さてさて、



市の環境部に 断られ、



我が家に、戻ってきた 土の入った 麻袋。



軒下に 居座り続けていました。






ある日、



だんな様は、決心したように、口を開いた。










だんな様:「 あの土、捨てちゃおうか? 」















(°▽°;) へっ?















だんな様:「 山とか、河原とか、





土のあるところに





捨てれば ええんちゃうの? 」
















(°▽°;) はぁ?















だんな様:「 そしたら、土に帰るし、





丁度 いいやんなぁ 」('▽') アハ

















いやいやいやいや、





はなから、土なんやから、





「 土に帰る 」っておかしくね?










ってか、






それ、不法投棄じゃん! (°д°;;)

















こう見えて( ? )結構 モラリストの 私。










私:「 そんなん、アカンやんっ! 」





(`Д´) ムキー!











と、だんな様に 噛みついた。










だんな様:「 じゃぁ、





このまま、家に 置いとくんか? 」











私:「 そっ、それは… 」










だんな様:「 邪魔なんやろ? 」










私:「 うううっ…





じゃ、じゃぁ、可燃物ゴミに、





スプーン1杯ずつ 混ぜて 捨てるっ! 」











だんな様:「 それだって、ルール違反やし 」










私:「 うううっ~ 」











私は、だんな様に、やり込められてしまった。



が、



そうは言っても、力関係が ものをいう 我が家。



我が家の 鬼軍曹殿 ( はい、私です )



の 強固な反対に遭い、



不法投棄だけは、なんとか 免れておりました。

















ある日のこと。



だんな様の実家へ 遊びに行った。



なんのことはない 世間話を していたのですが、



急に、










だんな様:「 あっ、そういえば… 」










と、だんな様が、例の土の 話を 口にした。










だんな様:「 古くなった 園芸の土とか、





みんな どうしとるん? 」











義母:「 庭のある人は、





庭に 撒いたりしてるけど… 」











だんな様:「 うちみたいに、





コンクリートの場合は、そうも いかへんやん 」











義母:「 そやなぁ。そういう場合は… 」










だんな様:「 そういう場合は? 」


私:「 そういう場合は? 」










義母:「 河川敷に 撒いたらいいねんっ! 」










(°▽°;) ええっ…





お義母さん、それは…











口には出さないが、かなり驚いた私。















お義母さん曰く、



河川敷に、趣味で 花を 植えている人が いるんで、



その花の周りに 撒えちゃえば? とのこと。



義母:「 みんな、そう しとるでぇ 」



と。



それに、少々 年月が 経ったからと いったって、



義母:「 所詮は、園芸の土やし 」



とも。





はぁ…( ̄▽ ̄;)













で、



ある夜のこと。



暗闇の 河原で、重そうな 荷物を 運ぶ



大きな 二つの 人影。



そう、だんな様と 私です。








もし、見ていた人が いたら、



やばい ヤツら



やばい もの



運んでるとしか 見えなかった はず。








それくらい、怪しかったのですよ、私たち。











そう、結局、私たちは、



河川敷に、土を 撒いちゃったのです。



そのときは、妙に納得したのですが、


花が 植えてあるからといって、

( そもそも、花も無断で 植えてあるんだし )


やっぱり、不法投棄は、不法投棄。



ごめんなさいm(_ _)m











で、

後日談 その①



近所の奥さんに





私:「 この間、河原にね… 」





っと、このときの話を したところ、





奥さん:「 あっ、それ、市役所に 連絡すれば、



持っていってくれるよ。有料だけど 」






って。





ええ…



知らなかった…(;_;)





ってか、



あのバトル、なんだったの…( ̄▽ ̄;)






しばし、呆然。













後日談 その②



当初、だんな様は、





だんな様:「 ○○山に 捨てれば ええやん 」





っと、土の 投棄候補地として、遠方の山を 挙げていた。



…が



その後の 新聞報道で、



○○山で 凶悪事件が 発生していたことを 知った。



もし、あのとき、山に 捨てに 行っていたら…



警察の 事情徴収ぐらいは 受けてたかもしれない。



何てったって、夜に、重い麻袋を 2人がかりで



運んでいたのだから。



間違いなく、怪しい2人だった…。



しばし、呆然。














この前、土を 撒いた辺りを 通ったのですが、

当然の事ながら、土は 土に 帰ってました。


でも…

今度からは、市役所に 電話!

肝に銘じた 珍獣なのでした。












こんな珍獣のブログを

気に入ってくださった方は…


クリックよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーサイト
【2007/02/21 23:13 】 | よもやまばなし | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<騒音珍獣 | ホーム | 麻袋の中身>>
コメント
園芸用の土。
無事に「土に返って」よかったですね♪
もともと、お金を使って買った土ですから有価物ですよね?
ですから廃棄物にはならないとワタシは思うのですがどうなんでしょね?
【2007/02/22 08:56】 | URL | kazaza #zx2Hz3mM[ 編集] | page top↑
うんうん。何の混ぜ物もしてない土だったらいいかも、とか思っちゃうよね。
でも私の「まさかΣ(゚д゚;)))」とは違う結果だったわぁ。
私の「まさかΣ(゚д゚;)))」は怖くて言えないけど・・・・・・・。


『元の持ち主に返す』
でした。(←言っちゃった)

【2007/02/22 15:22】 | URL | daluma #-[ 編集] | page top↑
kazazaさんへ
「 廃棄物にならないのでは? 」とのご意見に、私、乗っかっちゃいますわ~v-227v-466
本当に、土に帰って よかったです。
その土で、チューリップv-298なんかが 育っているととなお、いいです。( 無断の花壇ですけどね(^^; )
【2007/02/22 20:07】 | URL | ちょこペコりん。 #-[ 編集] | page top↑
dalumaさんへ
おぉっ!その手があったかっ!(笑)
う~ん、でも送付先が分からないのですよ~e-263って、分かったら送るのか?って話ですね、怖い怖い((((;゚Д゚)))
でも、もし送ったらどうなるのでしょう?
想像するだけで、ひゅ~っと北風、背筋が寒くなりました。怖い怖い((((;゚Д゚))) 
【2007/02/22 20:19】 | URL | ちょこペコりん。 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chocopeko.blog88.fc2.com/tb.php/43-440e0414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。