スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
銀行のおじさん
昨日のこと。



久しぶりに 銀行へ行きました。



通帳記帳に 出かけたのです。






私、珍獣といえども、まがりなりにも 主婦でして、



一応、家計を預かっております。
銀行口座の 残高くらいは、



知っておかないと いけません。





と、



えらそうなことを 言っておりますが、



実は 結婚当初に、某百貨店から、





「 引き落としが できませんでしたけど? 」




と、通知を いただいたことがございまして。


( 口座間の お金の移動を 忘れていた )




(°д°;;) やっ、やってしまった…




この不祥事を 深く反省した私。



以来、口座の管理には、気を使っているのです。





また、とても大雑把な 性格なもので、



「 銀行の残高なんて、どうでもいいじゃん」


と、長い間 記帳していなかったことが ありました。

( OL時代 )




で、しばらくぶりに 記帳に行くと、



溜まりに溜まった 数十ヶ月分の明細は、





たった1行





なんて こともありまして。


当然、個々の明細は全く分かりません。




しつこいですが、今は、主婦なんで、


利用明細が、分からないと ちょいと 困ります。



当時のように、






何、この明細!





笑えるぅ~ ('▽') キャハハ~







っと、笑ってはいられないので、


一ヶ月に、一度は記帳するようにしています。













で、昨日のこと。



定例の通帳記帳を するため、



キコキコキコキコ 自転車を こいで、



銀行に出かけました。





私の利用している銀行には、



「 整理係 」のような おじさんが 一人いらっしゃいます。



OBの方 でしょうか。





ATM機の 交通整理を してくださったり、



書類の書き方を 説明してくださったり しています。







昨日も ATM機の列に 並ぼうとすると、






おじさん:「 こちらの機械が、空いてますよ 」






っと、声をかけてくださいました。









私:「 ありがとうございまぁ~す 」






少し離れたところにあるATM機で



早速、記帳を始めた、私。







ジーコ、ジーコ、ジーコ…



記帳が終わり、



記載内容を 確認しつつ



2~3歩あるいて、足が止まった。









(°▽°;) エッ!?






何、この入金?










急いで、通帳を見直すと、




「 宝くじ当せん金 」 の文字がっ!





それは、以前に ATMで買っていた、


ロト6の当せん金でした。




1,000円 ×2 で



2,000円
ご当選







思いも寄らぬ、当選に、






おぉ~っ!






心の中で、叫んだ

















つもりが、



実際に声に出して、







私:「 おぉ~っ! 」






って、言っちゃってた 私。











…と、












例のおじさんが、ススススっ と 横へ 寄ってきて




おじさん:「 どうかしましたか? 」




っと 聞いてきた。( 若干、小声 )








で、ついつい 勢いで





私:「 あっ、当たったんですっ! 」





と、言ってしまった。






あ… … (-_-;














すると、



おじさんの表情が、みるみる変わった!!



でも、おじさんは、何も言いません。



職業柄、「 聞いてはいけない 」と


思われてたのかもしれません。








…が、おじさんの は 語っていた。










いくら?


ねぇ、いくら、当たったん?


○千万?


もしかして、億?



ひょっとして、億なんかぁっ~~~










ふっと、気が付くと、


まわりの人達も チラチラ 私を 見ています。










(°▽°;) げげっ





私、注目 集めちゃってる?













どこのどなたかは 全く存じませんが、


一人の おばさんなんか、


じー ( -_-)


もろ、ガン見。










どうしよう…



当たったのは、たった、2,000円 なのに…













しかし、ことを 収拾させなくてはなりません。


私は、意を決して、











私:「 まぁ、『 当たった 』っていっても、






2,000円なんですけどねぇ 」(;´д` ) タハハ















独り言とも、



おじさんに言ったとも つかぬ調子で、言いました。







で、


言うが早いか、出口 目がけて 猛ダッシュ。






ところが、



肝心なときに、何かしら やらかす私。




出口付近で、




ツッ




つんのめった。










ってか、何も 落ちてないし… ( ̄▽ ̄;)







ようやく、銀行を出た。




帰り際、


見たくなかったけど、


やっぱり、気になっちゃって、


銀行内を チラッと見てみた。








あれれ?





私のことなど、誰も見てなかった





ホッ と一息。







やだぁ



私ってば、自意識過剰? (* ̄∇ ̄*)










がっ!




「 整理係 」のおじさんは、


こちらを 見ていたっ!










(°д°;;)





おじさん、めちゃ見てるっ!



















ってか、肩 震えてますやんか…









あのう… おじさん、







笑いたいときは、







思いっきり 笑ってくださって







かまいませんから。( ̄▽ ̄;)










キコキコキコキコ…




(;-_-) =3 フゥ


銀行に行っただけなのに、疲れに疲れて、


爆睡(約2時間)してしまった、珍獣なのでした。







こんな珍獣のブログを

気に入ってくださった方は…


クリックよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーサイト
【2007/01/26 20:42 】 | よもやまばなし | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<それでも、私は野鳥が好き | ホーム | 秋の夜の事件簿>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chocopeko.blog88.fc2.com/tb.php/19-d759a0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。