スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
子どもって 恐い その2
以前、高ビーな めいっ子の話をしました。

話を読みたい方は、こちらから




今回は、その兄、おいっ子( 妹の息子 )の話。







数年前のこと。




実家の居間。


遊びに来ていた妹と、おいっ子、


じぃじ( おいっ子のおじいちゃん、私の父 )、


ばぁば( おいっ子のおばあちゃん、私の母 )、


にぃに( 私の弟。オジなのだが「お兄ちゃん」の変形、

にぃにと呼ばせていた )


そして、私。




思い思いに くつろぐ珍獣一家。











…っと、突然、おいっ子が、






おいっ子:「 じぃじの頭に、




大きな穴が 空いてるっ! 」









と、言い出した。






( ̄▽ ̄;)??



( ̄△ ̄;)??



( ̄◇ ̄;)??



??????・・・





わけが分からない おとな達。

















っと、










ε=(>ε<) プッー!











突然、笑い出した 母。






母:「 『 穴 』っていうのは、




ここのことよっ!




ここっ!








っと、自分の頭頂部を、指さした。










みんな、一斉に母のジェスチャーを 見た…




その後、



父の頭頂部に 注がれる視線 …






( -_-)~~~ →






父の 頭頂部。




髪が薄い。




地肌が透けている。




っというか、ほぼ地肌。










なるほど、オゾンホールならぬ、






ヘアーホール… 。













父:「 『 穴 』とは、上手いこと言うなぁ 」








という、父の一言で










(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!










全員、爆笑。






笑いの渦が、巻き起こりました。


















…っと、








おいっ子が 再び口を開いた。








おいっ子:「 にぃにの 頭にも、穴がある 」








と、無邪気に 発言。








(°д°;;) エエッ!?




にぃに にも穴?













父と違って、当時 二十代の にぃに( 弟 )。




そのあたりの話は、非常にデリケート。




「 危ない 」ゾーンのことは、弟自身も、気にしているはず。





『 穴 』は、いかんよ …









おとな達が、リアクションに困っている 最中、








おいっ子:「 でも、にぃに のは、




小さい穴だよ 」('▽') アハっ








と、おいっ子。












(°д°;;)






フォ、フォローしちゃった?















子どもに フォローまで されちゃった、


弟っていったい …










どんな言葉を 発すればいいのか、困惑する 面々。










っと、





弟:「 殴るぞ、こらっ! 」(^^*)





っと、弟。






コラッ!待てっ!!




(((~^^)~  ((((((( ^^)








笑いながら、


おいっ子を 追っかけまわし 始めました。






安堵の 空気が流れ、





(^∇^) アハハ !





再び 笑いが起こった 珍獣家でした (;-_-) =3 フゥ









実は このとき かなりハラハラしていた 私。





おいっ子、地雷を バンバン踏んでたなぁ



しかし、子どもって 恐い … ( ̄▽ ̄;)






つくづく思ったのでした。






こんな珍獣のブログを

気に入ってくださった方は…


クリックよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーサイト
【2007/01/20 22:51 】 | 家族のこと( 血統? ) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<TVと だんな様 | ホーム | ガンダム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chocopeko.blog88.fc2.com/tb.php/13-55897fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。