スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
子どもって 恐い その1
私には、めい( 妹の娘 )がいます。







道行く人に、




「 あら、可愛い子っ




「 メチャクチャ、可愛い~っ




など、かなりの頻度で言われるんで、


おばバカ抜きで、結構、可愛い。




…が、
しっかり 骨太




間違いなく 珍獣の家系です (;´д` ) トホホ










その めいっ子が、保育園に通っていたころの話。( 4歳位 )




テレビを見ている 私。




横で、絵本を見ている めいっ子。






めい:「 ねね 」



(↑「 オバちゃん 」はイヤなので、

「 ねね 」( お姉ちゃんの変形 )と呼ばしていた。)




私:「 んっ? 」







めい:「 ないてよ 」








… ( ̄◇ ̄;) ハゥー



子どもって、ときどき 変なこと言い出します。



鳴くって、いったい …












私:「 どうして? 」








めい:「 ないてよっ! 」












(;-_-) =3 フゥ




上から目線で 高飛車 だし。






私の 質問に 答えてないし。






テレビ見てたいし。












鳴いてやるもんか。











っと、思った。












…が、





高ビーな顔も 異常に可愛い めいっ子。




ついつい、





私:「 ニャー、ニャー 」(←ネコの鳴きマネ。念のため)




って、鳴いてみせた。













めい:「 なんで? 」













( ̄▽ ̄;) ヌオー



「 なんで? 」って、あなたが 鳴けっ て 言ったんですが?











めい:「 なんで





『 エ~ン、エ~ン 』じゃないの? 」

















( ̄△ ̄;)エッ・・?



「 エ~ン 」?



そっかっ!






『 鳴く 』じゃなくて、『 泣く 』だったんだ!

















めい:「 なんで『 ニャー 』なの? 」










んっ と 何て説明しようかね。




『 鳴く 』と『 泣く 』の差を



4歳児に説明するのって 難しいぞ…




(;-_-;) ウーム















私が、どう説明しようか 考えてる間にも、







めい:「 なんで?なんで? 」







って、うるさい。










私:「 え~っと 」








めい:「 なんで?なんで? 」













私:「 あのね… 」








めい:「 なんで?なんで? 」










困ったわ、



うるさいわで、



少々やけくそ気味の私。








マジメに説明するのも面倒になって、






からかい半分で














私「 ねね はね、いつも男の子達に、




『 子猫ちゃん 』って呼ばれてるの。




だから、『 ニャーニャー 』って泣いちゃうの 」






って答えてみた。




















( ・_・) ?





一瞬、考える表情の めいっ子。






その後、







めい:「 ふ~ん 」







っと、言ったっきり、静かになりました。

















やったーっ!




煙巻き攻撃、成功 v( ̄― ̄)v ヴイヴイ








※因みに、『 子猫ちゃん 』なんて呼ばれたことは、


生まれてこのかた、一度もないです。


そんな風に呼ばれたら、気持ち悪いし。


( 一度くらいは、 呼ばれてみたい気もするけど )























数日後、携帯が 鳴った。




電話に出るなり、







妹:「 お姉ちゃん、



あの子
( ←めいっ子 )に、何 教えたのよっ! 」








スゴイ剣幕の 妹。









私:「 は? 」













妹:「 あの子、





『 あたしの ねね はねぇ、




男の子達に 『 子猫ちゃん 』って 呼ばれてて、




ニャーニャー って 泣くんだよ 』




って、保育園で言ったのよっ!




先生にも、他のお友達にも… 」













(°д°;;) げげっ。
















妹:「 もうっ!どうすんのよっ!



私、恥ずかしくって… 」







妹には、平謝り。



その場は、なんとか収めました。























数日後、実家。



遊びに来た めいっ子が、



ばあちゃん( 私の母 )に話しかけます。









めい:「 ばあちゃん、ねね はねぇ、


男の子達に『 子猫ちゃん 』って… 」









(°д°;;) ヤバっ!









私:「 あっ、あっ、あっ、あのさ、




なっ、なんだかさぁ… 」







っと、さえぎってみたが、時すでに遅し。














母:「 ねねが どうしたの? 」








すでに、顔つきが変わっている 母。
















めい:「 ねね はねぇ、




男の子達に『 子猫ちゃん 』って呼ばれて、




ニャーニャーって泣くの! 」(^∇^) アハっ ♪













母、般若。







母:「 あなたねぇっ! 」(`□´)







久しぶりの、大目玉。



10分の 正座。






















子どもって、恐い… ( ̄▽ ̄;)


つくづく感じた、珍獣なのでした。







こんな珍獣のブログを

気に入ってくださった方は…


クリックよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーサイト
【2007/01/16 11:38 】 | 家族のこと( 血統? ) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<レベル8 | ホーム | 空気清浄機 始動開始!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chocopeko.blog88.fc2.com/tb.php/10-35d4910f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。